本人嫌悪という悪いサイクルを繰り返していた

45
物心がついたタイミングから減量に視線がありました。
痩せていることに憧れがあり絶えず色々な減量を通じていました。
・ディナーは食べない。(食べても炭水化物は引っこ抜く)
・レコーディングダイエット
・ジョギング/散歩
・断食
・エステ通い
・クラブ通い(ダイビング/岩盤浴/エアロビクスなど)
等。これ以外にも自分でも忘れ去るぐらい様々な減量を試してきましたが、全体痩せこけることはなかったです。
今考えるとこういうどれもが自分の外敵になってしまっていて、その評価から取る→肥える→本人嫌悪という悪いサイクルを繰り返していたように思います。
但し、あることがきっかけで驚くほどやせることが出来たのです。
それは「恋愛をする地点」でした。
笑っちゃうような答弁だと思いますが、あたいはこれで暮らしで至高痩せこけることが出来ました。
ある日必ずや異性が出来た間から急に食欲がなくなっていきました。
悩んで食欲が落ちたのではなく、恋愛をするルンルンイメージで食生活よりも楽しいことを見つけたような直感でした。脳が恋愛をしたことで満足している感じです。
そうすると極めて減量を意識していなかったのに2,3キロほどスルスルとウェイトが減っていきました。ここからは恋愛をしている魅力ってウェイトが減った嬉しさや元に帰りたくないという本心から暴食も減り、異性に振り向いてもらえるように二度とかわいらしく追い求める!という本心で驚くほどウェイトが減っていき最終的には2か月くらいで10キロほど痩せていました。
恋愛をしているとおかしい直感になり、もっと野望も芽生えて外敵がたまらなかったのがよかったのかな、と思います。
その後、晴れてお付き合いするようになり旦那との生活に慣れてしまうと今までの恋愛する搏動イメージは薄れてしまったのでウェイトも3,4キロ戻ってしまいましたが「いよいよあのところのようにはなりたくない」という本心から痩せこける前のウェイトに立ち戻ることもなく自分で調整しながら生活できるようになりました。
この方法(?)は個人によると思いますし、今から決めるとしてこなせるものではないですが、いよいよ減量は気持ちの一部分が大きいのかなと感じました。
恋愛をする地点以外でもたとえば他に夢中になることを探して見るのもいいのだと思います。
採り入れることやダイエットする地点よりも自分がのめりこめるものを見つけていければ潤いから自然に暴食なども減っていくように思います。http://xn--eckvazg9pmchz1d.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です